焼付塗装・粉体塗装・常乾塗装など多種多様な塗装は富士電装株式会社にお任せ

ARTICLE

記事詳細

模様塗装

模様塗装の種類

こんにちは。

東大阪市の富士電装株式会社です。

 

 

模様塗料には、たくさんの種類があります。

 

また、塗料メーカーがそれぞれ勝手に名前を付けていて、名前がかぶっていたり、

模様が微妙に違っていたりと、混乱してしまいます。

 

混乱しやすいのですが、シンプルに分類すると、

模様塗料は、以下の「サテン・レザートーン・ハンマートン」という3種類にまとめることができます。

 

 

・サテン

 

サテンとは、表面に小さな粒々がついている模様です。

 

手で触るとザラザラした感触があります。

 

この粒々の正体はプラスチックのビーズなんですが、

このプラスチックビーズをあらかじめ塗料に配合しておくことで、

塗装・乾燥硬化した後に、表面にビーズが残るようになっています。

 

 

・レザートーン

 

レザートーンとは、ビニールレザーのような小さな凹凸のある模様です。

 

サテンと異なり、肌触りの良い滑らかな表面です。

 

レザートーン塗料の作り方ですが、2通りあります。

 

1つ目は、シリコン系の添加剤を塗料に配合して、

塗装時に塗料を弾かせて凹凸を作る方法です。

 

2つ目は、2コートで塗装するという方法です。

 

1回目は平滑に塗装し、2回目は粘度調整して不均一に塗装することにより、2度塗りで凹凸を作ります。

 

 

・ハンマートン

 

ハンマートンとは、金属板をハンマーで叩いた跡のような、大きな凹凸のある模様です。

 

この模様も、レザートーンとは別のシリコン系の添加剤を塗料に配合して、

塗装時に塗料を弾かせて、大きな凹凸を作ります。

 

添加剤の配合量が多いと、塗料を弾く度合いが大きくなるため、ピッチが狭く凹凸の深い模様になります。

 

反対に添加量が少ないと、ピッチが広く凹凸の穏やかな模様になります。

 

 

焼付塗装、粉体塗装、常乾塗装のご依頼なら富士電装株式会社にお任せください。
大きい品物だけど焼付塗装がしたい....

納期が短くて困っている....

まずはご相談下さい!
お見積り無料。

メールでのお問い合わせはこちら→https://fujidenso.com/contact/

お電話でのお問い合わせはこちら→072-962-5551

戻る