焼付塗装・粉体塗装・常乾塗装など多種多様な塗装は富士電装株式会社にお任せ

ARTICLE

記事詳細

剥離剤について

剥離剤について

こんにちは。

東大阪市の富士電装株式会社です。

 

今回は剥離剤についてのご説明です。

 

剥離剤全般について

剥離剤とは?

不要になった塗料を汚れに例えるならば、剥離剤は洗剤です。

古くなった、または不要になった塗膜や樹脂を取るものです。

 

剥離剤の歴史は?

1950年頃(弊社発足直後)は、ベンゼン、アセトン、エタノールなどの有機溶剤の混合液や

熱高濃度苛性ソーダ水溶液などが使われていました。

その後、皮膚刺激や呼吸器刺激など人体への影響を理由に、

トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタンなど不燃性の塩素系溶剤や、

メチルエチルケトン、トルエン、メタノール、酢酸エチルなど引火性液体が使われるようになりました。

近年は環境への影響を理由に、高沸点溶剤を主流にしたものに替わってきています。

 

塗膜を剥がす方法は?

主に、化学的方法、物理的・機械的方法、熱的方法の3つの方法があります。


1. 化学的方法 水溶液系および溶剤系剥離剤を使用する方法。

2. 物理的・機械的方法 ヘラなど削り落とす方法、砂などを当てて研磨するブラスト法、

液体空気で冷却して体積変化を生じさせる低温法、高圧水を当てる高圧法。

3. 熱的方法 剥離したいものを400~500℃に加熱して塗膜を熱分解するオーブン法、

化学的に分解するソルトバス法。物理的・機械的方法との併用と言える流動砂法。

 

剥離剤による塗膜剥離のメカニズムは?

剥離剤は塗膜や樹脂の表面から内部へ浸透します。

浸透した剥離剤の成分は、塗膜や樹脂の結合を弱め、さらに膨張、軟化を引き起こします。

また素地との付着力(接着力)を弱め、塗膜や樹脂を剥離します。

 

焼付塗装、粉体塗装、常乾塗装のご依頼なら富士電装株式会社にお任せください。
大きい品物だけど焼付塗装がしたい....

納期が短くて困っている....

まずはご相談下さい!
お見積り無料。

メールでのお問い合わせはこちら→https://fujidenso.com/contact/

お電話でのお問い合わせはこちら→072-962-5551

戻る