焼付塗装・粉体塗装・常乾塗装など多種多様な塗装は富士電装株式会社にお任せ

ARTICLE

記事詳細

メタリック塗装

メタリック塗装の難しさ

こんにちは。

東大阪市の富士電装株式会社です。

 

メタリック塗装の難しさのコラムです。

 

メタリックは、見る角度によって色が変わって見えます。

塗面を正面で見る時、正反射(斜め45°)の角度で見る時、

すかし(斜め15°)の角度で見る時で、明るく見えたり、暗く見えたりします。

 

 

例えば、見本と比べた時に、正反射で色が合うように見えても、

正面で見ると違うように見えたりします。

 

ですから、見た目の受ける印象と、実際の色差の数値が乖離してしまう可能性がございます。

色差はあくまでも参考値扱いです。

 

また、これはメタリックに限らずソリッドカラーでもそうなのですが、

光源によっても見た目に大きな差が出ます。

 

光源が蛍光灯なのか、白熱電球なのか、太陽光なのか。

太陽光でも、日なたなのか、日陰なのか、

南向きの窓から採光するのか、北向きの窓なのか、それによって変わってきます。

 

ですから、特にメタリックの色を確認する時は、

見本と塗料メーカーが作った塗板サンプルを、同じ光の条件、同じ角度で見て判断するのが良いです。

 

そして色の修正依頼の際は、

具体的に色補正の希望を伝えることをお勧めします。

 

焼付塗装、粉体塗装、常乾塗装のご依頼なら富士電装株式会社にお任せください。
大きい品物だけど焼付塗装がしたい....

納期が短くて困っている....

まずはご相談下さい!
お見積り無料。

メールでのお問い合わせはこちら→https://fujidenso.com/contact/

お電話でのお問い合わせはこちら→072-962-5551

戻る